自分に合ったビジネス探し

「自宅で開業したいなぁ」「自宅にいる時間を利用して何かやりたいなぁ」そう思っている人も多いのでは。本業の後、家にいる時間で好きな時に仕事をすることで収入を得るには自宅での開業が一番適しています。

本業に負担にならない範囲での自宅ビジネスなら、今後新しいことをはじめるための資金づくりも可能です。突然仕事を辞めて自宅開業することは、先の収入の予定がなくなり、生活ができなくなってしまう恐れがありますので危険です。家での仕事が順調に進み、収入が見込めるようになってから次の夢に向かいましょう。

自宅で開業するには、どんな仕事をするかを決めなければなりません。まずは幾らくらいの収入を目指すのか、そのために使える時間はどのくらいか、急な作業や対応が可能かなど、日々の生活を見つめ直しながらよく考えましょう。

パソコンを使った仕事なら都合のいい時間にいつでも仕事をすることができますし、場所もどこでも可能です。コンピューターが苦手な人ならば、自分の得意分野や趣味を活かせる仕事などもあるでしょう。開業に元手をかけずに気軽にはじめられる仕事を探したいならば、パソコンを使った仕事が向いています。

インターネットビジネスはネット環境を持っている人ならいつでもはじめることができます。自宅開業のメリットは、コストがほとんどかからないということと、万が一うまくいかなくなっても自分で辞められることです。自宅で開業した仕事を本格的に軌道に乗せるには、自分の努力と家族の理解が必要です。長く続けていくには、自分に合ったビジネスを探すことから始めなければなりませんね。

自宅開業のための準備

趣味を活かしたり特技を活かしたりする仕事は、その専門道具が必要となりますね。インターネットビジネスだけでなく、自宅開業ということになれば、パソコン、プリンター、ネット回線、コピー機などは必要でしょう。

自宅で開業をする場合は、それは会社ということにはならず、個人事業ということになり、わかり辛い手続きがない上に必要経費もぐっと抑えられるという利点があります。インターネットビジネスで開業するなら、ホームページなどが必要になる場合もありますから、作成ソフトなども準備しておくとよいですよ。

ホームページがいらないレンタルブログやメルマガなどは別として、自分でもホームページを作成することができるということは、仕事の幅をうんと拡げることにつながります。その他さまざまな仕事で自宅開業する人も、その仕事の内容で、いろいろな物を準備していかなければなりません。専門的分野での仕事の場合、特に新たに準備しなければならないものも増え、小さな道具だけでなく、大きな機材などが必要になる場合もあるでしょう。

そうなると、自宅で開業することからもたらされるリスクも大きくなる可能性があります。もともと資金がある人なら問題ないでしょうけれど、費用を最低限に抑えたい人にはあまりおすすめではありません。自宅で開業するための準備作業は、できることなら無理がなく楽しめるいものにしたいものです。 パソコンもプリンターもその他さまざまな道具も機材も、自宅にある物はわざわざ新しい物は買わずに利用しましょう。

もし新たに買わなければならないものが出てきた場合も、なるべく中古品を利用するなどして、できるだけ自分自身や家族に負担をかけないような自宅で開業するための準備をしたいものです。

開業資金について

「よし、これから仕事を始めよう。」とするときに、気になるのが「お金」です。インターネットや趣味の延長といった仕事は、ほとんど開業資金はかかりませんが、専門的な分野では、どうしても必要になってきますよね。

そんな時、開業資金はどうしたらよいのでしょうか。自宅開業の資金は、家族や親戚が助けてくれる場合、返済期限や金利などの心配はないですが、金融機関から借りるにしてもそのリスクを小さくしたいですよね。ノンバンクなどは、「借りやすい」というメリットはありますが、その分金利が高いです。

安全性を第一に考えて借りたいならば、政府系の融資がいいでしょう。国民生活金融公庫には、「普通貸付」という融資制度があり、4,800万円以内ならば、資金使途は自由になります。それは開業にあたって必要な物、たとえばパソコンであるとか、仕事用の車であるとか、そういったものを購入するためだけでなく、そのほかどんなものにでも自由に使うことができます。

利用目的を明確にしなくても融資を受けられるのです。金利も低めな上に、返済期間が運転資金であれば5年以内、設備資金であれば12年以内という設定で、比較的無理のない返済計画を立てることができるようになっています。さらに国民生活金融公庫には「新規開業向け資金」や「女性・中高年起業向け資金」などさまざまな助成金制度も設けられています。このような制度は、自宅での開業を考えている人にとっては、正に心強い味方となるでしょう。

スポンサードリンク